SparkyLinux-4.4-dev インストール

バーチャルボックスへのインストール

右クリックメニューからインストーラーを立ち上げます。
言語はJapaneseを選択
VirtualBox_sparky4.4_27_06_2016_00_45_17.png



ロケーションの選択
地域は:Asia ゾーンは:Tokyo
VirtualBox_sparky4.4_27_06_2016_00_46_21.png



キーボードの選択
Japanese 109A
VirtualBox_sparky4.4_27_06_2016_00_46_51.png



パーティション
ディスクを削除して自動でするか、手動でするか選択できるのですが、自動でやったらスワップが4.3G
こんなに要らないので手動でやることに。
VirtualBox_sparky4.4_27_06_2016_00_48_35.png


最初に【新しいパーティションテーブル】をクリック
既にOSが入っててデュアルブートにする場合は注意してください。やったら全部消えます。
VirtualBox_sparky4.4_27_06_2016_00_49_02.png


【新しいパーティションテーブル】をクリックすると確認が出ますのでOKを押します
これでパーティション分割できるようになります。
VirtualBox_sparky4.4_27_06_2016_00_49_22.png


こんな感じにしました。かなり適当ですw
VirtualBox_sparky4.4_27_06_2016_00_51_12.png



ユーザー名: PC名: パスワード: を入力して【パスワードの入力を求めず自動的にログインする】のチェックを外します。
VirtualBox_sparky4.4_27_06_2016_00_52_26.png



最終確認
【次ぎへ】を押すとインストールが始まります。
VirtualBox_sparky4.4_27_06_2016_00_53_14.png


インストール中
VirtualBox_sparky4.4_27_06_2016_00_53_41.png


インストールが終わったら一旦シャットダウンしてインストールイメージ(メディア)を外して再度、起動し右クリックメニューからSystem upgradeしてください。

バージョン4.3の時はインストール後にシステムアップグレードして再起動すると、もう一度、更新が出て日本語入力環境(fcitx-mozc)まで落としてくれたんですが、4.4は現時点では手動でインストールする必要があります。

-----修正-----
minimal gui は 4.3 でも日本語入力を手動でインストールでした。

この記事へのコメント