Calculate Linuxにoracle-jreとV2Cインストール

java
最初にoracle-jreとjdkもインストールしておく
バージョン確認
#emerge --search jdk
* dev-java/oracle-jdk-bin
Latest version available: 1.8.0.144
Latest version installed: 1.8.0.144
Size of files: 181168 KiB
Homepage: http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/
Description: Oracle's Java SE Development Kit
License: Oracle-BCLA-JavaSE examples? ( BSD )

ブラウザでoracle-jdkのダウンロードページに行きjdk-8u144-linux-x64.tar.gzをダウンロードして/var/calculate/remote/distfiles/にコピーする。
#cp jdk-8u144-linux-x64.tar.gz /var/calculate/remote/distfiles/jdk-8u144-linux-x64.tar.gz
jreも同様にダウンロードして/var/calculate/remote/distfiles/に配置しておく。
#emerge oracle-jdk-bin oracle-jre-bin
でインストールされます。

v2c
$wget http://v2c.s50.xrea.com/V2C_2.11.4.tar.gz
$tar -xzf V2C_2.11.4.tar.gz
$cd v2c
$chmod +x ./mkdticon
$./mkdticon
$chmod +x ./v2c
$./v2c
一旦v2cを終了する。
したらばの「V2Cパッチ割り当て日記」からB11とreadcgi.jsをダウンロードして解凍
/home/ユーザー/v2c/launcher/にv2c_api_patch_B11.jarを入れる。
/home/ユーザー/v2c/launcher/v2cjar.txtの内容をv2c_api_patch_B11.jarに書き換える。
/home/ユーザー/.v2c/script/system/にreadcgi_aux.jsとreadcgi.jsを入れる。
これで読み書き出来るようになる。はず

この記事へのコメント