gentooをsystemdでインストールしたときのメモ

*注 このページを見つけた方へ
このページに書かれていることは、gentoowikiに書いてある事をsystemdを使う前提で自分なりに手順をまとめたものです。
インストール→失敗→再インストール→失敗→livecdからchrootとかやりながら書いているので余計な部分や足りない部分があるかもしれません。
決して参考にしない様にお願いします。


1、インストールイメージのダウンロード
 https://www.gentoo.org/downloads/

2、メディアの作成
 https://wiki.gentoo.org/wiki/Handbook:AMD64/Installation/Media/ja

3、起動
boot:gento

4、キーボードの選択
jaは22
<<load keymap(うんちゃら):22

5、ネットワークの設定
livecd~#ifconfig
livecd~#net-setup enp0s3 #ifconfigでルーターからIPアドレス貰ってるぽいデバイス指定


無線の場合はiwconfig #よくわからん
livecd~#iwconfig eth0 essid GentooNode
livecd~#iwconfig eth0 key abcd123456789ef


6、ディスクの準備
livecd~#fdisk /dev/sda
command (m for help):

n=新規作成 a=ブートフラグ t=パーティションタイプ(Linux=83,swap=82)
m=ヘルプ w=設定を反映
サイズは開始シリンダから+何mで指定する
手順 n → p →番号 → 開始シリンダから+何mで容量指定 → t → L → 番号
/dev/sda1 * 200M 83 Linux
/dev/sda2 2G 82 Linux swap
/dev/sda3 残り全部G 83 Linux
最後に w で反映

自分はこうした↓
/dev/sda1 * 400M 83 Linux
/dev/sda2 2G 82 Linux swap
/dev/sda3 extend
/dev/sda5 10G 83 Linux
/dev/sda6 10G 83 Linux
/dev/sda7 10G 83 Linux

7、ファイルシステムの作成
livecd~#mkfs.ex4 /dev/sda1
livecd~#mkswap /dev/sda2
livecd~#mkfs.ext4 /dev/sda5
livecd~#mkfs.ext4 /dev/sda6
livecd~#mkfs.ext4 /dev/sda7


xfs使いたい場合は
livecd~#mkfs.xfs /dev/sda3

とか

8、マウント
livecd~#mount /dev/sda5 /mnt/gentoo
livecd~#mkdir /mnt/gentoo/boot
livecd~#mkdir /mnt/gentoo/usr
livecd~#mkdir /mnt/gentoo/home
livecd~#mount /dev/sda1 /mnt/gentoo/boot
livecd~#mount /dev/sda6 /mnt/gentoo/usr
livecd~#mount /dev/sda7 /mnt/gentoo/home


9、日時の修正
livecd~#date
Mon Oct 3 13:16:22 PDT 2016

livecd~#date 月日時分年 #2017年3月30日13時3分なら 033013012017


10、stage tarballのダウンロード
livecd~#cd /mnt/gentoo
livecd~#links https://www.gentoo.org/downloads/mirrors/

OK押してキーボードの↓押してJPでエンターしてそのままもう一度エンター
ディレクトリが表示されるので
/gentoo/releases/x86/autobuilds/current-stage3-i686-systemd
に移動する
stage3-i686-systemd-*.tar.bz2をダウンロード
livecd~#tar xvjpf stage3-*.tar.bz2 --xattrs

livecd~#nano -w /mnt/gentoo/etc/portage/make.conf
CFLAGSとCXXFLAGSはそのまま
MAKEOPTS="-j5"


11、ミラーサーバー選択
livecd~#mirrorselect -i -o >> /mnt/gentoo/etc/portage/make.conf

サーバーリストが出るので↓の方に行って日本のサーバーを選択
livecd~#mkdir /mnt/gentoo/etc/portage/repos.conf
livecd~#cp /mnt/gentoo/usr/share/portage/config/repos.conf /mnt/gentoo/etc/portage/repos.conf/gentoo.conf


確認
nano /mnt/gentoo/etc/portage/repos.conf/gentoo.conf

[gentoo]
location = /usr/portage
sync-type = rsync
sync-uri = rsync://rsync.gentoo.org/gentoo-portage
auto-sync = yes


12、DNSコピー
livecd~#cp -L /etc/resolv.conf /mnt/gentoo/etc/


13、ファイルシステムマウント
livecd~#mount -t proc proc /mnt/gentoo/proc
livecd~#mount --rbind /sys /mnt/gentoo/sys
livecd~#mount --rbind /dev /mnt/gentoo/dev
livecd~#mount --make-rslave /mnt/gentoo/sys
livecd~#mount --make-rslave /mnt/gentoo/dev


14、新しい環境に入る
livecd~#chroot /mnt/gentoo /bin/bash
livecd~#source /etc/profile
livecd~#export PS1="(chroot) $PS1"
(chroot)livecd/#



15、ブートパーティションのマウント(一回マウントしてるんで要らない気もする)
(chroot)livecd/#mkdir /boot
(chroot)livecd/#mount /dev/sda1 /boot


16、スナップショットのインストール
(chroot)livecd/#emerge-webrsync


17、プロファイルを選ぶ
(chroot)livecd/#eselect profile list
Available profile symlink targets:
[1] default/linux/amd64/13.0 *
[2] default/linux/amd64/13.0/desktop
[3] default/linux/amd64/13.0/desktop/gnome
[4] default/linux/amd64/13.0/desktop/kde

一番右に*が付いてるのが現在選択されているプロファイル

(chroot)livecd/#eselect profile set 番号

でプロファイルを変更できる。
プロファイルを変更した場合は
(chroot)livecd/#emerge --ask --update --deep --newuse @world


自分はデスクトップ無しのsystemdを取りあえずインストールする気だったので
手順10でダウンロードしたstage tarballで事足りると思い、eselect profile setはやらずに飛ばして進みました。

18、タイムゾーン
(chroot)livecd/#ls /usr/share/zoneinfo
(chroot)livecd/#echo "Asia/Tokyo" > /etc/timezone
(chroot)livecd/#emerge --config sys-libs/timezone-data


19、ロケール設定
(chroot)livecd/#nano -w /etc/locale.gen
#en_US.UTF-8
#ja_JP.UTF-8

この二つの#を外す。

(chroot)livecd/#locale-gen
(chroot)livecd/#eselect locale list

選択できるロケールが表示される

(chroot)livecd/#eselect locale set 番号


20、カーネルのインストール
(chroot)livecd/#emerge --ask sys-kernel/gentoo-sources


コマンドlspciを使うために
(chroot)livecd/#emerge --ask sys-apps/pciutils


自分はgenkernelを使用しました。
systemdの場合、通常のgenkernelではなくgenkernel-nextと言うのを使います。
genkernelをインストールしてしまった場合は
(chroot)livecd/#emerge --ask --unmerge sys-kernel/genkernel

してから
(chroot)livecd/#emerge --ask sys-kernel/genkernel-next
(chroot)livecd/#nano -w /etc/genkernel.conf

#UDEV="yes"  この部分の#を外す"no"になってる場合は"yes"にする
#MENUCONFIG="no" この部分も#を外して"yes"にする。こうしておくとgenkernelがoldconfigした後に自動でmenuconfigが立ち上がるので確認することが出来ます。

他に/etc/genkernel.confの下記の部分もチェックしておくと良いかも知れません。
# Mount BOOTDIR automatically if it is not mounted?
MOUNTBOOT="yes"

# Save the new configuration in /etc/kernels upon
# successful compilation
SAVE_CONFIG="yes"

# Make symlinks in BOOTDIR automatically?
SYMLINK="yes"

# Add new kernel to grub2?
BOOTLOADER="grub2"


/etc/genkernel.confの修正が終わったらgenkernelなのですが・・・
その前に/etc/fstabに/bootマウントポイントを書いてください。
nano -w /etc/fstab
/dev/sda /boot ext4 defaults 1 2


(chroot)livecd/#genkernel --install initramfs

(chroot)livecd/#genkernel --install all

この二つのコマンドのどっちを打ち込んだのか忘れてしまいました;;
多分genkernel --install allの方だったような気がします。
このコマンドを打ち込んで少しするとmenuconfiguが立ち上がるので追加で必要なもの要らないものを編集してセーブしexitでmenuconfigから出るとコンパイルが始まります。

21、/etc/fstabの編集
nano -w /etc/fstab
/dev/sda1 /boot ext4 defaults,noatime 1 2
/dev/sda2 none swap sw 0 0
/dev/sda5 / ext4 noatime 0 1
/dev/sda6 /usr ext4 noatime 0 1
/dev/sda7 /home ext4 noatime 0 1
/dev/cdrom /mnt/cdrom auto noauto,user 0 0


22、ネットワーク接続のための情報
(chroot)livecd/#nano -w /etc/conf.d/hostname
hostname="localehosts"


(chroot)livecd/#nano -w /etc/conf.d/net
dns_domain_lo="homenetwork"
config_eth0="dhcp"


起動時に自動でネットワーク接続する
(chroot)livecd/#cd /etc/init.d
(chroot)livecd/#ln -s net.lo net.eth0
(chroot)livecd/#rc-update add net.eth0 default
*systemdの場合は多分、これやらなくていい


23、パスワードやら何やら
(chroot)livecd/#passwd
パスワード打つ
もう一回パスワード打つ


(chroot)livecd/#nano -w /etc/conf.d/keymaps
keymap="us"
"jp106"にする


(chroot)livecd/#nano -w /etc/conf.d/hwclock
clock="UTC"
"local"にする


DHCPクライアントをインストールする
(chroot)livecd/#emerge --ask net-misc/dhcpcd
(chroot)livecd/#emerge --ask net-misc/dhcpcd


24、ブートローダーgrubのインストール
(chroot)livecd/#emerge --ask sys-boot/grub:2
(chroot)livecd/#grub-install /dev/sda
(chroot)livecd/#grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg


25、手順追記リブートする前に
http://yper.seesaa.net/article/448707269.html

リブート
(chroot)livecd/#exit
livecd~#cd
livecd~#umount -l /mnt/gentoo/dev{/shm,/pts,}
livecd~#umount -R /mnt/gentoo
livecd~#shutdown -h now


インストールメディアを外して電源オン
rootでログインしたらユーザーを追加する
root #useradd -m -G users,wheel,audio -s /bin/bash ユーザー名
root #passwd ユーザー名
ユーザーのパスワードを設定する
もう一回パスワード打つ


root #rm /stage3-*.tar.bz2


後はさらなる精進を。

参考URL
ハンドブック
https://wiki.gentoo.org/wiki/Handbook:AMD64/Full/Installation/ja
systemd
https://wiki.gentoo.org/wiki/Systemd/ja
genkernel
https://wiki.gentoo.org/wiki/Genkernel/ja

この記事へのコメント