気になるLinuxディストリ(仮)




Bodhi Linux 3.2.1-32bit
http://www.bodhilinux.com/
shot-2016-05-30_08-11-59.png

日本語化と日本語入力にfcitx-mozc入れた状態で
言語設定
起動直後の使用メモリ:111MB
isoサイズ:約580MB
動作:割と軽め
低スぺPCにも良さげ
個人的にデザインがちょっと・・・

インストールは他のubuntu系と変わらない。
インストール時、「日本語」を選択出来るけどフォントが入らないので英語でインストール後、日本語化することをお勧め。
初期状態だとアプリがあまり入ってない。
タスクマネージャーも入っていなかった。



Manjaro Linux 16.06 xfce rc1
https://manjaro.github.io/
manjuaroSS.png

「なんじゃろう」とか「万次郎」とか言いたくなる。
インストールはグラフィカルで日本語でのインストール可
日本語入力だけ後から好きなのインストールする
fcitx-mozcを入れて再起動後のメモリ使用状況:1GB中24%
最低1GB 推奨2GB ?
isoサイズ:約1.4GB

アプリ多め、情報少な目、玄人向け?
軽い方だと思うけどネットブックにはチョット厳しい気がする。



Zorin OS 9 Lite 32bit
http://zorinos.com/index.html
LXDE
2016-05-30-130435_1370x901_scrot.png

netbook
2016-05-30-130557_1370x901_scrot.png

日本語でのインストール可能、インストール直後から日本語化、日本語入力可能
Lubuntu同様ログイン画面の歯車マークからnetbookを選択できる
起動直後の使用メモリ:178MB
netbookでログイン:160MB
isoサイズ約:980MB

アプリは少な目
デスクトップはLXDEで動作も軽い
低スぺPCにお勧め

インストール時に日本語を選択すれば、インストール後すぐに日本語入力が使える為、初心者にもお勧めできる。



SolydX 8 32bit 201602 ローカライズ版
https://solydxk.com/
solydxSS.png

Debianベースとの事だけど、バーチャルボックスのOS設定でDebian32bitを選択すると動かない
Ubuntu32bitで動作
インストールもUbuntu系と変わらない。
起動直後の使用メモリ:208MB
isoサイズ:約1.5GB

ローカライズ版はインストール後、すぐに日本語入力(fcitx-mozc)が使える為、初心者にもお勧めできる。
アプリも多めで最初からオフィスが使える。
ウィルススキャン用アプリも入っていた。

デスクトップにXfceを使っている為、低スぺPCでは、ややモッサリするかと思うけど
自分が持ってるONKYO-C423A4へのインストール候補。


別記事で書いてますが
お勧め度◎な Sparky Linux
http://yper.seesaa.net/article/438688290.html
sparkySS.jpg




番外編
elementary os 0.3.2 stable amd64

https://elementary.io/ja/
eleme.jpg

フォントはVLGothicのみインストール、日本語入力はfcitx-mozcをインストール
他はgnome-system-monitorとsynapticを追加

起動直後の使用メモリ:347MB
チョット何かすると500~600MB位まで上がる
大体400MB位で安定してる感じ
2GB位はあった方が良さげ
CPUも、それなりのが必要
isoサイズ:約1.1GB
アプリ少なっ!

公式に書いてある推奨スペックは以下
Intel i3 または互換性のあるデュアルコア 64ビットプロセッサー
1GBのシステムメモリ(RAM)
15GBのディスク容量

自PCのCPU:i7-3770k 3.5G
搭載メモリ:8GB
バーチャルボックスのシステム設定
メモリ:2GB
プロセッサー数:2
使用率制限:60%

他のディストリはこの設定で事足りる、と言うか快適
elementaryは、この設定だとアプリを起動した時の窓の開き方がスムーズでない
「カッカッカッカッカッカッカッカッカッ」ていう感じで開く
ブラウザとか開くとゲストOSのタスクマネージャーでCPU使用率が瞬間100%まで行く

その為バーチャルボックスのシステム設定を変更
メモリ:2GB
プロセッサー数:4
使用率制限:80%

この設定だと違和感無く使える
アプリ起動時もCPU使用率、瞬間50%未満

そこそこ、良いスペックのPC持ってて、チョット「変わり種」「お洒落なの」使ってみたいっていう人向けかな
ネットブックでは、とてもじゃないが使えない。




番外編其の二
Sabayon Linux
sabayonSS.png

システム起動時のメモリ使用量:約450~500
インストール時に日本語選択できる。
が、翻訳が残念
Gentoo派生なので、知識があって目的がしっかりしてるなら、自分&自PCに最適化できる?
ローリングリリースなので定期的に、システムそっくり入れ替えと言う作業をしなくて良い。

Gentoo派生と言う事で、個人的には趣味のOSと思う。


この記事へのコメント