Lubuntu 15.10 タッチパッド無効

2016-03-19-191940_1274x790_scrot.png
はい、Lubuntuですw
軽量Linuxて言った時、何個か思い浮かぶと思うのですが
その中に必ずと言っていいほど入ってるんじゃないでしょうか。

実は前に、Lubuntuもネットブックで試してみようと思って
インストールしようとした事はあったのですが、パーティションの所で解像度が低すぎる為にボタンが表示されなくて諦めてましたw
alt+ドラッグ知らなかった・・・orz
もうMintで頑張ろうと思ってた矢先に、この事を知って
早速、インストールしてみたのですが
LXDE軽いですw
メニューの表示とかMint+xfceより明らかに動作が速い
それと、インストール直後から日本語入力できるのも有りがたい。
正直、ハードの限界とか思ってた訳ですが、これくらいなら
まぁまぁストレスなく使えるんじゃないでしょうか。

で、インストール後に一つやった事
ログイン時タッチパッドが自動で無効になるようにしました。
---やり方---
$xinput list
でデバイス名を調べる
touchpadoffと言うテキストファイルを作る
touchpadoffの中身は

#!/bin/bash
xinput --set-prop "デバイス名" "Device Enabled" 0
xinput disable "デバイスIDかデバイス名"

touchpadoffを右クリックしてプロパティからパーミッションタブの(実行)を所有者とグループのみにする
touchpadoffを置いた場所
/home/ユーザー名/.config/lxsession/Lubuntu/touchpadoff
一応ターミナルからフルパスで
$/home/ユーザー名/.config/lxsession/Lubuntu/touchpadoff
と打ってみてタッチパッドが無効になる事を確認

/home/ユーザー名/.config/lxsession/Lubuntu/autostart
と言う何も書かれていないファイルにtouchpadoffと記載して保存
これでログイン後タッチパッドが無効になります。
/etc/xdg/lxsession/Lubuntu/autostartに書けばログイン画面から無効になるのかな?

この記事へのコメント